Dornier Wal Documentation Center
menu
   Home
   News
   Films
   Photos
   Contact
   Impressum
   Links
 
 
   Chinese
Chinese
   Deutsch
Deutsch
   Español
Español
Nederlands
   Italiano
Italiano
   Farsi
Farsi
Indonesian
   Français
Francais
   Norsk
Norsk
   Japanese
Japanese
   English
English
Português
   Russian
Russian
   Tagalog
Filipino
United Arab Emirates
 
Greensilver

visit Greensilver

 
     
       
  http://yokohamaflyingboat.style.coocan.jp Dornier Flyingboat Is Not The Past......  
       
   
 

ドルニエ・ワール M.ミヒール ファン デル メイ

   1920~30年代より空や海にその名を轟かせつつ飛び回った海鳥であるドルニエ・ワー
ル飛行艇であるが、その(存在)はずっと忘れられてしまっている。
  航空機設計の草分け的存在である、クロード・ドルニエにより設計されたドルニエ・ワ
ール飛行艇は1922年よりタスカーニのマリナ・デ・ピサで製造され、また日本において
も1924年のカワサキによるライセンス権取得のもと製造されたのである。ドルニエ・ワ
ール飛行艇はロアール・アムンゼン、ラモン・フランコ、ウォルフガング・フォン・グロ
ナウやその他による冒険飛行により世界的規模の称賛を勝ち得たのであった。
  ヨーロッパ、特にドイツにおいては、ドルニエ・ワール飛行艇はビッグ・ワールたる、
Do-X飛行艇の登場する時(1929)まで忘れさられていたのである。ドルニエ・ワール飛
行艇の世界的規模での歴史は、ドルニエ・ワールが飛行艇であることにより、この青い惑
星のもっとも遠い場所への飛行を可能としたことで(このことにより)より非常に興味深
いものとなる。クロード・ドルニエは自身の言葉で、ワール飛行艇がドルニエを作ったと
も語っている。
  本書『ドルニエ・ワール ア ライト カミング オーバー ザ シー』の中でも言及
しているように、全世界で運航された300以上の飛行艇と人々によってなされた偉大な冒
険は特筆に値すべきものである。他のドイツ人の設計した航空機で国際的な航空の発達に
これほどまでに強い衝撃をあたえたものはないのである。中南米では、ドルニエ・ワール
飛行艇は民間航空を育む立役者となったのであり、またルフト・ハンザによる南米への有
名な航空郵便事業は、のちの1934年以降の壮大なカタパルト付き船の導入を伴いつつ第
二次世界大戦の前夜まで提供されたのである。

 
     
 
An introduction of the Dornier Wal in japanese

The Dornier Wal flying boat has been the forgotten "roaring" seabird of the sky and the sea from the Twenties and the Thirties of the last century. Designed by the aeronautical pioneer Claude Dornier, the Dornier Wal was constructed in Marina di Pisa (Tuscany) from 1922 onwards and constructed under license a.o. by Kawasaki in Japan (1924). The Dornier Wal won worldwide acclaim because of the pioneer flights of Roald Amundsen, Ramon Franco, Wolfgang von Gronau and many others. In Europe and Germany in particular the Dornier Wal was forgotten when the big Wal, the Do-X, came on the scene (1929). The worldwide history of the Dornier Wal is much more interesting because the Dornier Wal, being a flying boat, brought aviation to the most remote places of this  blue planet. In Claude Dornier's own words "the Wal made Dornier". In the book "Dornier Wal a Light coming over the Sea" the great adventures of the men and their more than 300 flying boats in operation all over the world are described. No other German designed aircraft has had a greater impact on the development of international aviation. In Latin America the Dornier Wal stood at the cradle of civil aviation and served the famous Air Mail Service to South America managed by the Luft Hansa, later Lufthansa, with spectacular catapult ships from the year 1934 until the eve of the Second World War.
 
agenda